登録小売電気事業者とは

電力自由化により電気料金や料金メニューを自由に選択できるようになりました!

長きにわたり日本の電力供給は、東京電力、関西電力ほか、地域ごとに決められた電力会社が担ってきました。
しかし1999年の電気事業法改正により、2000年、特別高圧の自由化がスタート。
その後も段階的に「電力の自由化」が進められてきましたが、2016年( 平成28年 )4月、遂に特別高圧・高圧電力・低圧電力等、電力小売市場が全面自由化。
すべての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できる電力新時代が到来しました。

新電力制度により
自由に電力業者を選べるようになりました!!

登録小売電気事業者について

我が国では1995年より制度改革を行い、発電部門において競争原理を導入するとともに小売部門の自由化を実施してきました。
2016年4月からの電力小売全面自由化にともない、発電事業者は経済産業省へ届出が義務付けらました。経済産業省の認可を受けた事業者のみが、登録小売電気事業者となり、電力を小売りできるようになりました。

いこま電力は全国で限られた登録小売電気事業者です。
経済産業省の認可を受けた事業者かどうかは、資源エネルギー庁のホームページにおいて公表しています。

資源エネルギー庁はこちら≫

地産エネルギーをはじめ、電力を効果的に組み合わせ電力コストを削減しています。

いこま電力が地域の皆様にお約束する事

いこま電力は従来の電力会社と同じ品質の電力を割安価格で安定供給いたします。

電気の品質(電圧・周波数等)は、どの電力会社においても同じ送電線ネットワークを通り一定に保たれています。新電力に切り替えてもこれまでと同じ電力品質をご利用頂けます。
万一いこま電力が突発的な電力不足に陥り、一時的に充分な電力を供給できなくなった場合でも、一般電気事業者から不足分が補給され安定供給が保たれます。その場合も電気代はいこま電力の割安な価格帯のままご利用頂けます。
いこま電力は、安心・安定・割安を兼ね備えた、皆様の地域の登録小売電気事業者です。

いこま電力はお待たせしません!親切・丁寧・スピード対応をお約束します!

まずは電気代がいくら安くなるのか??電気代削減シミュレーション